martedì 5 novembre 2013

Giusto per fare chiarezza...Mi aspetto ritorsioni ma io le ingiustizie le denuncerò sempre e comunque a partire dal Signor Fukushima del ristorante Cascina di Fukui shi

Ristorante Cascina(福井市、日本)とのコラボレーションをストップ。
悲しく通知さしあげますが、私と「Ristorante Cascina」との関係が中断されたことにしました。 2013年2月にオーナーの福島さんと合意しました。あの内容によって、次の3年間は毎年8カ月福井市にてキッチンの管理して、4カ月イタリ アに帰る合意でした。 最初はまだ観光ビザしか持たなくて、最長でも3カ月いることと決めました。 私が頼まれた目的は、オーナーさん達によって下手と思われたあの時までのシェフの換わりとして、もう駄目になっていたレストランを再び前の素 晴らしさに戻す事でした。 日本での存在はずっと連続ではなくて、福島さんの義務は現地スタッフを雇うことでした。すなわち、この新しいスタッフは私にフォーメーション されてから、イタリアに帰った間に、「キッチン・スタイルの続き」を守るためでした。 もう一つの福島さんの義務は私のブランドのイタリア高級名物材料の輸出入会社を作ることでした。だから、そのためにイタリアから色々な材料の サンプルを送らせていただきました。 合意によって部屋代、食事代、イタリアから往復旅費、私の給料、通訳者の給料も福島さんによって払う物でした。私は日本語が全然喋れなくて、 仕事にも毎日生活にも通訳者がものすごく大事なものです。 福島さんの約束は「法的にちゃんとした仕事にするよ」という約束でした。つまり、最初の3カ月は労働ビザや滞在許可証のための書類を作って、 レストランの事も税法的にも正しくすることでした。 残念ですが、実際は何もしてくれませんでした。 更に、レストランに着いたらその現地シェフはその時から私もレストランで働くことを全然知らなくて、びっくりしました。そのうえ、レストラン での私の存在が怖くて、何回も嫌に振る舞ってくれました。 最初はキッチンの冷蔵庫や冷凍庫は空っぽでした。一週間目、お客さんも一人もいらっしゃいませんでした。 でも、私がキッチンで献身して、通訳者もFacebook、現地新聞などで「Andrea MatrangaシェフがCascinaに存在」と広告し献身してから、ドンドンお客さんが増えました。私達のおかげで、福井まで東京や大阪など遠くから 来たお客さんも多くて、売上高の増加は100%以上でした。でも、こういうことにも関わらず、月が重なっても、福島さんが約束をほとんど全て 守っていませんでした。 最初の3カ月の間の新しい現地スタッフ検索もせず、ビザなどの書類も作らず、輸出入会社を作るための卸業者と連絡もしませんでした。通訳者を 通して文句を言ったら、福島さんの答えは「スタッフ検索ウエブサイトに求人広告を出したが、履歴書を送った方はたった一人でした。イタリア人 と日本人の親のいるベビーシッターの経験しかもっていなかった女の子です。」 書類などは「今のところはまだ観光ビザがあるから大丈夫。イタリアへ帰ったら作ります。」 こういう答えで私がすごく怒って、最初の合意を取り消して、新しいのを決めました。すなわち、福島さんにもう一つのチャンスを上げれために、 イタリアへ帰ってから、秋に又福井に戻って2カ月だけいることでした。この2カ月の内では福島さんが最初の約束を守ったことを示すべきと言い ました。 でもイタリアへ帰ったら、メールで、福島さんに「通訳者は高すぎてもう払ってあげられません」と言われました。 先に書いた通りに、日本語が全然喋れなくて、日本では通訳者がいないと大変です。 とにかく、大変なのに同意したが、チャンとした通訳者は出来ないなら、せめて労働時間だけに先に書いたイタリア人と日本人の親のあるベビー シッターに仕事の会話のお手伝いぐらい頂きたいと伝えました。(この間、彼女をもう雇いました。) 答えは今も一つもされていません。 実際は、福島さんは合意が取り消したいとチャンと言わずに、私のせいにしたかったです。
このプレスリリースは世界中で私の事をいつも見ている皆さ んのために書かれています。この方々は私が来日することを知っていたのに、急に逆に行かなくなった理由を説明するためです。何回も聞かれたか らです。 Cascina事件があったのに、他の日本人の暖かい心のおかげさまで日本の経験は素晴らしかったです。私は日本と日本人の大ファンです。世 界中で日本人の皆さんは真面目、丈夫、熱心、正直と思われています。私もそう思います。 残念ですが、たった一人の嫌な人のせいでこういう良いイメージが崩されてガッカリしました。税金なども払いたくないぐらい嫌な人です。世界中 で有名な真面目なプロ・シェフを騙すほど嫌な人です。 そして、日本に存在しなくて、色々良い日本人の友達やお客さんにした「また来日します!」という約束が守れなくて、謝罪したいと思っておりま す。 又機会があれば、是非この約束が守りたいです。

マトランガ・アンドレア・シェフ

1 commento:

Antonietta ha detto...

Oddio, in giapponese sono insufficiente, spero niente di grave

©opyright 2007, tutti i diritti di questo blog sono riservati, a cura di Andrea Matranga